牛乳は体に毒?〜何故人々は牛乳が体に良いと教えこまれてきたのか[アメリカ研究]

スクリーンショット 2016-09-07 21.10.37

普段食べている野菜や果物からカルシウム、カリウム、タンパク質は十分に摂取できるにも関わらず、何故乳業企業はそれを否定するために、何十億ドルもの大金をつぎ込んでいるのでしょうか?

コーヒー、紅茶、お菓子など、牛乳は広く利用されていますが、その成分は、特に加熱殺菌されたものであると特に、人体にとって高い毒性を持つものであることがわかりました。

Milk-and-dairy-products-calories-table-awesome-body1-1

先ず、牛乳は骨粗しょう症のリスクを低減しません。研究によると、むしろ50%程、骨粗しょう症のリスクを高めます。実際、アフリカやアジア等の乳製品摂取量の最も低い人々の骨粗しょう症の罹患率は最も低いです。

また、世界の3/4の人々は、牛乳や乳製品を消化することができません。しかし殆どの消費者はその事実を知りません。むしろ、有名人を起用した広告などによって、牛乳は健康を保つのに必要な食品であると、我々は教えこまれています。

牛乳を摂取すると、体の中では粘性の高い物質となり、それがアレルギーや耳の感染症、1型糖尿病、貧血の原因となると考えられています。さらには癌の原因ともなりえます。

牛乳でなくとも、その代わりはいくらでもあります。
例えば、ライスミルク、アーモンドミルク、カシューナッツミルク、麻ミルク、など、スーパーで容易に入手できます。また、BEN&JERRY`S(ベン&ジェリーズ)のように、牛乳の入っていないアイスクリームを販売する企業もあります。almond-milk

実際に、牛乳でない乳製品の市場は過去数年の間に急成長しており、特にアーモンドミルク市場は、2000年から2015年の間に、250%成長しました。

いまこそ、牛乳をやめる時ではないでしょうか?

From : TRUE ACTIVIST

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする