仏教のお坊さんが20年間祈り続けた結果、木の床に足跡ができる[中国]

1-82

70歳の僧侶、Hua Chiさんのお話。

中国の銅仁市にある寺内の、同じ場所で、20年間祈り続けた結果、なんと木の床に足跡ができたとのこと。

足跡の深さは3cm程。

一日に3000回祈り、それを20年間続けた結果だそう。
ちなみに70歳の今では、祈りの回数を一日に1000回に減らしたそうな。

聖痕現象ともちょっと違うこの奇っ怪な現象。何故起きたのでしょう?

2-71-1

Monk’s footprints sign of faith.

via : design you trust

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする