東京電力:福島の除染にはあと40年かかる[CNN]

2011年に福島原発はメルトダウン(*1)し、それによって土壌や水は汚染されました。東京電力(TEPCO)が汚染された水、土を除染する取り組みを始めてから、数十万トンもの汚染された土、水が回収されました。東京電力は、除染にあと40年掛かると見積もっています。

(*1)福島県のウェブサイトより
1号機〜3号機は炉心溶融(メルトダウン)している旨、明記されている。

該当の福島県ウェブサイト:
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025c/genan10.html

黒い袋に入っているのは、福島県富岡町の路傍の地面の表面を削り取った汚染された土。

黒い袋に入っているのは、道路脇の地面の表面を削り取った汚染土。(福島県富岡町)

福島県で除染された土が入っている黒い袋。

除染された土を保管場所に配置しているところ。

汚染された土を保管する何百箇所のうちのひとつ

何百箇所もある汚染土の保管場所のうちの一つ。

780メートルに渡る壁。福島第一原発付近。汚染水が海洋に漏れ出るのを防ぐために作られた。

780メートルに渡る壁。福島第一原発付近。汚染水が海洋に漏れ出るのを防ぐために作られた。

壁が作られる前、放射能で汚染された水や物質は海洋に漏れ出て、地元の魚類の生態系を脅かし、海底に大きいダメージを与えた。

壁が作られる前、放射能で汚染された水や物質は海洋に漏れ出て、地元の魚類の生態系を脅かし、海底に大きいダメージを与えた。

[管理人]今も継続的に福島原発からは放射能が漏れ続けており、東京電力によるこの取り組みは果たして有効なのでしょうか。何もしないよりは良いかもしれません。先ずは今も「アンダーコントロール」ではない原発を収束させることが先決です。日本だけで解決できないのであれば、人類で協力していかなければなりません。この放射能の問題は日本だけの問題ではなく、また国同士の問題でもなく、人類全体で向き合うべき問題であるからです。

via : CNN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする