ドナルド・トランプ氏、Googleの検索結果はヒラリー・クリントンに有利なように操作されていると主張[2016/09/29 CNNより]

[2016/09/29(当選が決まる前) CNNより]

ドナルドトランプ候補は水曜日、民主党のヒラリークリントンに対するネガティブな記事が、Googleの検索結果から意図的に削除されていると主張した。

トランプ氏は主張の根拠を示さなかったが、このことが最近報道されたのは、ロシア政府の所有するニュースメディアであるスプートニクである。

Googleは検索結果からヒラリークリントンにとって悪いニュースを消している」月曜日の夜に行われた大統領候補討論会の間のGoogleの検索結果について、トランプ氏は指摘している。

トランプ氏の水曜日の夜の主張は、スプートニクによる報道の2週間後だった。記事によると、グーグルの検索結果はクリントン贔屓な偏向がかかっているそうだ。

トランプ氏は何度もロシア大統領のウラジーミル・プーチンに対して賞賛しすぎであることと、ロシアに利益になるような外交政策を主張していることを、批判されてきた。また、トランプ氏のアドバイザーのいく人かは(トランプ氏の政治活動の前のリーダーであった、Paul Manafortなど)は、ロシア政府と大きなコネクションを持っている。

トランプ陣営は、トランプ氏の主張の根拠を求める質問に対して何も回答していない。

しかしながら、この主張は彼がアドリブで言ったものではない。水曜日のスピーチの際に読んだ原稿に、この主張は含まれていたのだ。

Googleはトランプ氏の主張を否定している。

「我々のオートコンプリートのアルゴリズムは、人の名前と共に、失礼な、或いは批判的なキーワードを表示することはありません」グーグルの広報担当は回答している。「Googleのオートコンプリートは特定の候補者をひいきするようなことはしません。彼の主張はオートコンプリート機能に対する間違った理解によるものです」

via : http://edition.cnn.com/2016/09/28/politics/donald-trump-google-conspiracy-election-2016/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする