ロシアのジャーナリストを乗せた旅客機がスイスの戦闘機に尾行される[RTより]

APECサミットが開催されるペルーに向けて、ロシアのジャーナリストが乗った旅客機が、スイス領空内に入るとすぐにスイス軍の戦闘機に追尾された。旅客機に乗っていたジャーナリストによる報告。

以下の動画は乗客のうちの1人によるもの。ロシアの国章が戦闘機に記されているのがはっきりとわかる。


「我々はその時スイス上空を飛んでいた。その時、ロシアのジャーナリストの一団を乗せた旅客機は戦闘機に三方向を囲まれた」ロシアパイオニアマガジン編集長のアンドレーは、Facebook上でそのように報告している。

アンドレーは、戦闘機はスイス軍のものであったと言っている。「尾翼の国章と機体下のミサイルがはっきり見えた」

戦闘機は旅客機に接近したので、戦闘機に乗ったパイロットの無愛想な表情も確認できるほどであったという。

アンドレーによると、戦闘機がロシアの旅客機に着陸を強要するかもしれないという恐怖があったとのこと。

しかし追尾開始から10分後、戦闘機は去っていった。「ロシアの国境に到達するとすぐに、彼らはすぐに去った。そしてそれは美しく遂行されていたと言わなければならない」アンドレーは報告している。

アンドレーはこの事象を前代未聞だとし、旅客機はスケジュール通りにポルトガルのリスボンに到着したと報告している。

しかしながら、ロシアの旅客機の機長はメディアに心配する必要はない旨、強調している。
スイス領空内で特別なフライトを追尾するスイスの戦闘機の行動は、長い間見られていた事象であるし、今回が特別な訳では無い。
このルートを通る時は、よくスイス軍の戦闘機に追尾される。

スイス軍戦闘機のこのような行為はロシア側の承認を前提に行われており、旅客機に脅威が及ぶことは無い

via : RT https://www.rt.com/news/367437-russian-journalists-tracked-swiss-jets/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする